Previous month:
2013年9 月
Next month:
2013年11 月

2013年10 月

僕の起業家精神が目覚めた「うわさのズッコケ株式会社」

30代の方々には懐かしいかもしれない、那須正幹さんのズッコケシリーズ。先日、伊保田の実家に帰った時に、昔の自分の部屋の本棚で見つけた、「うわさのズッコケ株式会社」。僕の起業家精神が目覚めたのは、この本に間違いない。本との出会いから人生は変わると思う。

僕の起業家精神が目覚めた「うわさのズッコケ株式会社」


周防大島からの大福だより。生大福なら川田餅本舗。

長女、杏の同級生のお父さまこと川田餅本舗さんから生大福を頂きました。昭和八年創業の老舗のお餅屋さん。川田親満氏は、お餅のブランディングにも力を注がれていて、ロゴやパッケージのデザインもお餅屋さんの概念を一新するオシャレなデザイン。もちろん、味も美味しくて新感覚。季節のジャムが入った大福や、よもぎとアールグレイ。わぁ、洋菓子テイストも味わえるのです。瀬戸内海に浮かぶ周防大島からの大福だより、気になる方はぜひ一度お試しあれ。お気に入り頂けたら、周防大島にも遊びに来てくださいね。

川田餅本舗
〒742-2301
山口県大島郡周防大島町久賀新開5415-2
TEL 0820-72-0505
FAX 0820-72-0505
WEB https://kawatamochi.com/

周防大島からの大福だより。生大福なら川田餅。

周防大島からの大福だより。生大福なら川田餅。

周防大島からの大福だより。生大福なら川田餅。


行田萌香さん、母校の東和中学校キャリア教育「夢のかけ橋」で研究成果をプレゼンテーション

本日、10月9日(水)中国新聞岩柳面にご掲載頂きました。3年半前、平野忠彦前東和中学校校長からお声がけ頂き開講した、3年生キャリア教育「夢のかけ橋」。その1期生の行田さんは、当時から具体的な夢を持ち愛媛大学附属高等学校へ進学しました。

「ようこそ先輩」として大人が母校に帰り授業する事はよくあると思いますが、卒業から3年後に、母校に帰り、行田さんの同級生の弟や妹がたくさんいる学年に授業する「ようこそ身近な先輩」のキャリア教育効果は高いと感じています。

Iターンは時代の流れと個人の意識変化で、これからも増加傾向が続きますが、Uターンを増やすためには、教育を郷育に変化(進化)させ、地元を好きになり、修行のために地元から飛び出し、経験を積み地元に帰り、地元で活躍する事がかっこいい働き方、憧れになる事でUターンは自然と増えると思います。

目標は同級生の半分がUターンする地域になる事。教育から郷育へ。

行田萌香さん、母校の東和中学校キャリア教育「夢のかけ橋」で研究成果をプレゼンテーション