現在&未来レポート「周防大島でのジブンの初仕事はパソコン家庭教師、時給1,500円なり。」2004年11月19日(金)
「個人事業主ドリームキッズカンパニーとしての初仕事。」現在&未来レポート2004年11月22日(月)

現在&未来レポート「ハウルの動く城は奥深い。」2004年11月21日(日)

圭司です。
広島から先ほど、終電で帰ってきました。
夜中の大島の道はすきすぎ。

幼なじみとの恋って中々難しい。
まあ、クリスマス、ロッヂでスノボとか、
冬のイベントも一緒に過ごしそうだけど、
恋愛として0か100とかと言うと0という答え
に変化はないかも。

まあでも、お互い知っていることが多そうで、
知らないとこ、進化しているとこがあるので
そんなとこを楽しみながら、時々デートでも
する関係を続けていこうと思います。


そうそうスタジオジブリの最新作「ハウルの動く城」
を観て来ました。

原作は「魔法使いハウルと火の悪魔—ハウルの動く城」
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ


だそうです。


「千と千尋の神隠し」から得たメッセージと少し似た
メッセージを作品から得ました。

「千と千尋の神隠し」から得たメッセージとは、

「匿名から記名の時代へ。」

センとハクという他の人につけられた名前から、
本当のジブンの名前「千尋」と「白龍」という名前を
思い出そう。

仮面を勇気で取り払って、ジブンの名前で生きて行こう。
個人の名前で強く生きて行こう。というメッセージを
得ました。

顔なしは、今の世の中、顔なしの人が増えて、それが、
世の中を黒くしていませんか。

という揶揄的な表現だと解釈しています。


では「ハウルの動く城」はどうだったかというと。
まだ明確な言葉で表現できないのですが、

「しなければならないではなく、したい事を、今のジブンの殻を
 破ってソトの世界に飛び出してみよう。」


ソフィーは荒地の魔女の魔法でおばあちゃんにされた事
をきっかけにして、ジブンの殻を破ってソトに出た。
(出ざるを得なかった。)

そして、解放されたジブンに出会い、ジブンを求める、
ハウルにも出会えた。


今の世の中、東京人にとっては、東京が日本の価値観
なような気がしているとか、

外資系のコンサルタント、大手広告代理店のディレクター、
インターネットベンチャーの営業マン、上場企業のキャリア
ウーマン。

それって、確かにその世界では、力や経験やお金がある
と思う。

だけど、それって、この映画でいう魔法の力みたいだなあと。
ハウルは少年時代に火の悪魔「カルシファー」の力と、ジブン
の心臓を契約で取り交わした。

そして強力な魔力と城を手に入れた。

ジブンの心臓って命そのもの、
人生の砂時計を、市場経済主義とか、グローバリズムとか、
東京絶対価値観に合わせていないですかと。


映画の序盤でソフィーの妹、ベティーが言った。
「お姉ちゃん、本当に今の帽子をつくる仕事をしたいの?」と。

ドキッとした。
しなければならないからしている。

じゃなくて、

したい事をするために、しなければならない事もする。
魔法の力を勇気を持ち捨ててみよう。
多くの人が犠牲になる戦争だって、個人が個人を想う
心で解決できる。


まとまりがないけど「ハウルの動く城」は、
久々に深く吟味できそうです。

DVDが出たら、また観ます。
ほな、さいなら。


<本日の作業報告>
大野工業株式会社
  ・事務作業:7.5時間

<明日の作業予定>
AM:柳井の税務署にて個人事業主の開業手続き
PM:パソコン家庭教師、大野工業で事務作業


<相談やリクエストや提案>

<先週のシゴト>


<未来の島シゴト>
〜今週〜
・助成金応募資料ビジュアルマップ作成
〜来週〜
・「島スタイル」プレゼン資料作成

〜来月〜
・島スタ編集会議第二回開催
・島スタ記事づくりインタビュー2件

〜来年〜
・「島スタイル」ワーカーズコレクティブ設立
・島スタ編集長として中国新聞に掲載
・ハウジングアンドコミュニティ財団の助成金獲得
・島スタサポーター500人達成
・島スタカフェオープン(作戦会議室)

〜3年後〜
・第三回、島スタ未来の島づくりプランコンテスト開催

〜5年後〜
・島スタカフェのオーナーになる

以上です。

コメント