vol.009 広島県安浦町でフリーペーパー創刊計画中
大野工業ブログ開始!

vol.009 「飛べ!金魚島〜」山口県立安下庄高等学校 濱本陽子さん

Top Hamamoto
「飛べ!金魚島〜」周防大島は金魚島、島PRポスターをデザインしました。
山口県立安下庄高等学校
濱本陽子さん(2年生)

Pr-1
周防大島PRポスター「飛べ!金魚島〜」完成!!
地球から飛び出すくらい元気な島になってほしい!
都会のようにゴチャゴチャしていない島らしいシンプルデザイン。

① 金魚…………実は中に金魚型の黄緑の周防大島がある。
② 蒼い球………海と空にかこまれている周防大島。
③ 赤い小球……夏のキラキラした周防大島。
④ 黒い背景……宇宙空間
⑤ 右下の球……地球
⑥ 煌めき………水しぶき

Hamamoto01
YOKO HAMAMOTO[濱本陽子さん]
Q なんで、島PRポスターを描きたいと思ったのですか?
A 小学生の頃から大島郡の絵画展等で賞を頂くなど、昔から絵を描くのは好
きでした。なので、総合授業“郷土大島”で島PRポスターを描くことで、今の自
分から一歩踏み出したいと思い、前田先生と相談しながら計画を立てました。

Q ポスターを描く前に周防大島についてアンケートをしてみていかがでした?
A 自分ひとりより多くの人の意見を頂くことで、デザインの視野を広げる目的
で、道の駅や橘ウィンドパークなどでアンケートを行い100人くらいの方々か
ら、ご意見を頂きました。その3分の2くらいが島外の方々で、一番印象的だっ
たのは、保育園くらいのお子さまが魚の絵を描いて、その子の母親がアンケー
トを代筆していたアンケートでした。

Q 将来の夢は何ですか?
A 自分がデザインしたモノが、より多くの人の目に触れられることです。
例えば、コンビニに並んでいるお菓子箱のパッケージデザインなら、日本中、
東京でも周防大島でも見られることができます!

Q 最後に、同世代のみんなへのメッセージはありますか?
A 何か目標を立て、それを達成すると自信と次へのやる気が生まれました。
しゃべるのが苦手でも、絵なら“描くこと”で“コトバ”を自由に込めることができ
ると思います。自分の得意なで方法で、どんどん自己表現してほしいなと、島PR
ポスターを描いた後は強く感じています。

HIROMI MAEDA[前田広美教諭]
Q どうして島スタイルにメールをしようと思ったのですか?
A これまで、音楽系の進路志望の生徒は、マウンテンマウスにインタビューす
る機会をつくるなどしていました。濱本さんは、デザイン系の短大志望で、島P
Rポスターを描きたいということだったので、島スタイルの大野さんがいいな
と思いました。周防大島は、他の地域より、地域でがんばっている方々とつな
がりやすい雰囲気があり、とてもいいなあと思います。

Q インタビュー等を行った生徒さんは変化がありましたか?
A はい。目標が具体的になると、やる気が高まり輝いているなあと感じます。

Q 最後に、前田先生の夢って何ですか?
A 学校から一歩出て、地域と生徒がつながるきっかけを創り続けられる人に
なることです。

〜取材あとがき〜
今回初めて、20代30代で自営業にチャレンジしている方々の次の世代
である10代の高校生を特集記事で取り上げさせて頂きました。島PR
ポスターを描く前の濱本さんは、僕にインタビューする時、緊張し言葉
数も少なかったのですが、描いた後は表情がスッキリし自信とやる気に
溢れていました。新たな10代のチャレンジャーや、ご感想等も、お待ち
しています。[email protected]

Agenosyo Web
安下庄高校の校舎から眺める漁師町の風景。

コメント