かわいいウミウシという本を大阪芸大の本屋で見つけました。
10年ぶりのJR奈良駅前

水族館で、できること。水族館が、できること。

大阪芸術大学大学院の卒業制作展の中に、学生にとっての大阪芸大の図書館のあり方を考え直すデザインがありました。デザインというのは、かっこよくとかオシャレにする事は目的でなく、商品やサービスの機能を強化し、他と差別化した価値をお客様に提供する事がデザインの目的だと思います。

なぎさ水族館、陸奥記念館、陸奥キャンプ場をReデザインするためには、島外のプロフェッショナルスキル、島内のコンセンサス、そして現場視点の全てが揃う必要があります。現状維持の経営すら難しい状況を改善するためには、根本的な課題解決に挑戦するしかありません。

焦っている訳ではありませんが、大きな歯車が動き始めるタイミングに合わせて始動します。現場視点で。


水族館で、できること。水族館が、できること。

コメント